顔の産毛対策

顔の産毛対策

顔の産毛はどうしていますか?今の女性が大活躍する社会で、女性のオス化が言われています。つまり、ひげが生えたり、顔に濃い産毛が生えたりするのです。
しかも、ほとんどの働く女性は顔の産毛を自己処理しているという結果まで出ていますので、対策はどうしているのか気になりますよね。

 

まずは剃るか抜くぐらいしか思いうかびませんが、では、その他の永久脱毛(医療脱毛)やエステサロンでの脱毛をしている人はいるのでしょうか?

 

ほとんどが「ノー」だそうです。それは顔の産毛だから怖い。脇ならいいけど、顔だから嫌という人。顔の産毛なら電気シェーバーですぐに対策できるという人。
顔の産毛対策なら抑毛効果のあるクリームで十分で、剃る必要がないと思っている人など、個人差があり、対策もたくさんあるようです。

 

まず、毛を抜く行為も、毛を剃る行為も少なからず肌へ負担がかかります。
皮膚が薄いといわれる顔の産毛を処理する場合は、できるだけ頻度を少なくするようにしましょう。

 

また、生理前や寝不足など肌がデリケートなタイミングでは顔の産毛処理は避けることをおすすめします。
抜くか剃るかを選ぶなら、毛抜きで抜くほうが肌にはダメージがあることを承知しておいてください。

 

それに、毛が抜け落ちるときに自然に持っていってくれる余計な古いごみのような細胞が一緒に排出されなくなることもあるそうです。

 

毛抜きで顔の産毛を抜いて毛穴が開いたままになっている場合には、その心配はありませんが、毛穴が開きっぱなしということはお肌がたるむということで老化現象となります。

 

それでは、顔を剃る場合には、どうすればよいのでしょうか?

 

一番お肌に優しいのは、顔専用の電気シェーバーで剃ることです。今は抑毛効果のあるクリームなども売っていますので、剃った後はたっぷり使って保湿をしましょう。

 

そうすることで、傷ついたお肌を早く修復させることができます。お風呂上りに顔の産毛を処理するのが清潔でベストタイミングです。
お風呂上りはお肌が柔らかくなっています。毛穴も開いていますので、長く産毛を剃ることができます。

 

いずれにしてもメイクをしたまま顔を剃ったり、毛穴が引き締まった状態で剃ったりすると、あまり綺麗に産毛はなくなりません。
もしお風呂上りでない場合には、メイクを落とした肌に蒸しタオルを当てて、毛穴が開いた状態で顔の産毛を剃ると良いみたいです。

 

その他にもローラー脱毛(コイルに産毛を絡ませて抜く)やシール脱毛(パック剤がついているシール上のもので一気にはがす)などがあります。
自宅でできる永久脱毛機器もあります。

 

実際にはエステサロンの光脱毛より少し弱い光なので半永久脱毛ですが、手元にいつでも持っていればいつでもまた生えてきたら使えますよね。

 

このように、顔の産毛対策製品やコスメも含めたくさん出てきていますが、自分のお肌の状態などに合わせて使い分けていってください。

 

⇒顔の産毛専用クリームがあるって知ってましたか?