カミソリでの産毛ケアのおすすめ頻度は?

カミソリでの産毛ケアのおすすめ頻度は?

ムダ毛を処理すると、肌がツルツルとして触り心地が良くなると同時に、見た目も綺麗になるというメリットがあります。さらに、顔の産毛を処理すれば肌色が明るくなると同時に、透明感を上げることが期待できます。

 

ですが、顔は皮膚は手足の皮膚と比較すると非常に薄いため、ムダ毛処理時にかかる肌ダメージが大きくなるという特徴があるので気を付けましょう。肌の腫れや赤みを抑えながらムダ毛を処理していくには、正しいケア方法を知ることが大切になってきます。

 

顔の産毛処理はカミソリでするという人が多くなります。カミソリでのムダ毛処理は、費用が安いため手軽に行えるのが魅力です。けれど、肌の表面のムダ毛を取り除くだけなので、すぐに伸びてしまうというデメリットがあります。これをカバーするために、毎日処理をしていると肌荒れが悪化して、乾燥肌や黒ずみへになる可能性もあるので注意が必要です。

 

ムダ毛をシェービングでケアする場合は、間隔を空けてケアするように心がけましょう。ムダ毛が濃くて目立つという人も、最低でも1週間ほど間を空けることが大切です。さらに、シェービング後は肌ダメージの回復を早めるために、保湿成分配合の化粧水や美容液を使うように心がけてみましょう。

 

 

台湾式、顔の産毛をカミソリ以外で処理する方法

顔の産毛、カミソリ以外でどんな処理方法があるでしょうか。ワックス脱毛?毛抜きで処理?顔はムダ毛の問題だけでなく、美肌も重要なポイントになります。わざわざ肌を傷つけるような方法でムダ毛処理したのでは本も子もありません。

 

そこで、見つけたのが台湾式の糸除毛というムダ毛処理の技術です。台湾の観光などに行くと良く見かけるこの糸除毛は白い粉を顔にはたいて糸を使って顔の産毛を抜いていくというもの。古くからアジア圏で行われていた伝統的な美容方法として有名です。

 

糸でからめとって毛を抜くなんて痛そう、と思われるかもしれませんが、実際に痛いという現実があります。それでも除毛後は毛穴が小さくなり肌がツルツルになるということで、ニューヨークなどでもサロンで取り入れらているほど。

 

新しい方法も開発されて、今ではあまり痛みのない新方式が広まっているようです。じゃあ実際にどうすればいいのか、というと台湾に気軽にいかれるわけではないので問題ですが、コツをつかめば自分でも糸脱毛はできるそう。

 

糸脱毛は太い毛には不向きで産毛のみをからめとる方法、さらに美肌効果もあるとなるとぜひ試してみたいものです。それまではムダ毛を抑制するクリームなどで様子を見てみてはいかがでしょうか。

 

⇒顔の産毛専用クリームがあるって知ってましたか?