顔の産毛の剃り方男性編

顔の産毛の剃り方男性編

顔の産毛の剃り方は、男性も女性もさほど変わりないのですが、男性の場合は、女性よりも顔の産毛だけでなく、分泌されている皮脂が多いです。
つまり、吹き出物ができている可能性もありますので、できればシェービングはシェービングクリームを使った剃り方が無難です。

 

男性も今ではスキンケア製品を使う人も多く、女性のように、洗顔後の化粧水、乳液、美容液など欠かせないという人もいるでしょう。
だから、ひげ以外の顔の産毛があまり濃くない場合は、いきなり剃ることを考えず、抑毛クリームやローションを使うという手段もありますよ。

 

男性はひげを剃る習慣が毎朝あると思いますので、顔の産毛も剃ることには抵抗なく、剃り方も、女性よりもかなり手馴れていますよね。

 

男性の顔の産毛の剃り方を順番を追って説明します。もし、毎朝ひげをシェービングクリームを使って剃っている場合は、すでに自分が使いなれているのがあると思いますので、それで良いでしょう。

 

カミソリは顔様の電気シェーバーか、I字カミソリです。T時カミソリは剃り残しが出来やすいので、やめた方がいいそうです。
これは女性へのアドバイスにもありましたが、男性も同様に、産毛部分には、何度もカミソリでこすることがないように気をつけましょう。

 

このほかにも、シェービング後に肌を整える化粧水や乳液、タオル、シェービングクリームを肌に伸ばすためのハケを用意しましょう。
もしはけがなければ手が伸ばしても大丈夫です。キレイに産毛を剃るために、まずは肌をそりやすい状態に整えます。

 

かみそりもしくは電機シェーバーを動かす際には毛の生えている方向に沿って上から下に向けて動かします。刃の角度は肌と平行に近いくらいが正解です。刃を垂直に当てると肌を傷つけてしまうので要注意です。

 

肝心のクリームですが、剃る前に肌に塗ります。(男性ならわかっていますよね。)これは剃る部分だけに塗ります。カミソリで削っていくと、何度も同じ皮膚を刃が行き来することなく良いです。

 

顔の産毛の剃る順番は、まず額から、髪の生え際までぴっちり揃えてしまうと、かつらにみたいになりますから、1cm程度の余裕をもたせたところを剃ってください。
次に眉間、これはまゆげをそりおとさないように、あらかじめ眉毛を残す部分を書いておいてもいいかもしれませんね。
そして耳の横です。

 

ここから顔のラインにそってみっちり生えている男性をみかけますが、この辺りの濃い産毛は不潔感満載ですので、かならず横からもチェックしてください。
フェイスラインは、皮膚がたるまないように、ちゃんと皮膚をひっぱりあげて、少しずつカミソリを動かしていきましょう

 

シェービングの後は、ぬるま湯で顔を洗い、肌がデリケートになっているので、柔らかいタオルでそっと押さえるようにしてふきます。剃り残した部分があれば、再度シェービングクリームをつけて剃り直しましょう。

 

⇒顔の産毛専用クリームがあるって知ってましたか?