顔の産毛を自宅でケア

顔の産毛を自宅でケア

顔の産毛脱毛を自宅でケアできるとしたら、あなたはどうしますか?顔脱毛をセルフで行うとしたら、毛抜きかシェービングですが、シェービングは日々のことなので除外します。

 

そして、毛抜きで産毛を抜くことですが、これは本当に肌を傷つけるだけなので、ぜひ今毛抜きをセルフでしている人がいたら止めてもらいたいと思います。セルフで顔脱毛と言えば、自宅で光照射ができるセルフ顔脱毛機器に焦点をあててみましょう。

 

自宅で好きな時間に簡単に顔の産毛を半永久脱毛ができる「ケノン」という産毛・ひげ脱毛機器をご存知でしょうか?顔の産毛だけれど、なくなると処理していた時間が楽になるし、エステに通う時間も節約できます。

 

ケノンは強度やレーザー(光)の照射回数なども変更可能で、顔の肌が弱い人や強い人、誰でもが自由に使えるようになっています。もちろん最初は弱いところから産毛に照射を試すのが基本です。自宅でできる半永久脱毛の器械で一番ポピュラーなのがケノンではないでしょうか?

 

価格は7万円程度ですが、エステサロンや美容外科クリニックに行くよりは全然安いですし、美肌効果のあるメニューもあるそうなので、顔の産毛脱毛だけではないようです。もちろんちゃんと目を保護するゴーグルなども完備していて7万円弱の価格です。

 

女性の半分以上が顔の産毛が気になり、処理もしていることがわかってきた昨今では、医療脱毛やエステサロンでの永久脱毛もたくさん出てきましたよね。綺麗に顔の産毛を脱毛したいけれど、わざわざエステやクリニックに行っている時間がない。

 

費用がかかりすぎるから、自宅で暇なときにしたいという女性も多いのではないでしょうか?自宅でできる顔の産毛脱毛にはいくつか選択肢があります。

 

まずは毛抜き、これは一番やってもらいたくない方法ですね。毛穴が開いたままとか、毛穴から菌が入って吹き出物になって跡が残るなど、デメリットの方が多いです。次に脱毛シート。こちらもあまりおススメではありません。なぜなら、顔の産毛だけではなく、お肌の表皮まではがしてしまい、肌荒れが発生しやすくなります。お肌が敏感肌になってしまった。しかも相当痛かったなど、強引な毛の抜き方で大変なことになりそうな脱毛シートです。

 

でもやっぱり脱毛器械でサロンとほぼ同じぐらいのことを自宅でもやりたいという女性もいるのです。医療脱毛ではありませんが、エステサロンとほぼ同じなので、半永久的に毛は生えてきません。一番人気は既に書いたとおりケノンです。