顔の産毛の処理頻度は?

顔の産毛の処理頻度は?

あなたは顔の産毛を処理していますか?その頻度はどれぐらいでしょうか?
顔の産毛処理をする頻度はどれぐらいだろうかと思いながら試行錯誤している女性は多いのではないでしょうか?

 

几帳面ですごく気になる女性なら毎朝会社に行く直線に産毛処理しないと気になるなど、色々あると思います。
できれば、顔の産毛を処理する頻度は低ければ低いほうがいいのはわかりますよね?

 

それでは髭のない産毛だけの女性はどれくらいの頻度でお手入れすればいいのでしょうか?
口周りだけなら週に1度で十分です。気になるからといって毎日のように顔そりをしてしまうと、肌への負担が加速してしまいます。
まずは清潔な顔専用の電気シェーバーを用意してください。

 

それから、蒸しタオルを当てた後や入浴後の毛穴の開いた状態で、乳液やクリームを塗って毛を柔らかくしてから優しく剃ってくださいね。
なるべく肌に負担をかけないように。

 

その後には抑毛効果のあるクリームで毛根を弱らせることも忘れないようにしましょう。
これで、顔の産毛処理頻度は低くなるはずです。

 

顔の産毛は3週間程度で生まれ変わるそうです。だから、産毛の生え変わる周期を考え、毛の成長期にあたる週、つまり3週間に一度の頻度で行うのが理想的ということになります。

 

几帳面な人ならカレンダーに丸印などつけたりしている人もいますよね?
生理が来る予定日同様に、顔の産毛処理をする日を丸印してしまいましょう。

 

生理前の皮脂分泌が活発なとき(にきびができるとき)や、肌が敏感になっている季節の変わり目には気をつけるようにしましょう。

 

剃った毛が濃く見えてしまう原因の1つは、毛の断面積によるものです。剃った毛は途中で切断され、毛の断面積が大きくそのため濃く見えてしまうのです。毛自体が太くなっているわけでは決してありません。

 

そして2つ目の原因としては、毛穴の広がりと色素沈着によるものがあります。

 

顔そりの頻度が多いと、皮膚の角質層まで削り取ってしまい、肌に大きなダメージがかかってしまいます。
ダメージを受けた肌は毛穴の広がりと色素沈着をまねくので、顔そりの頻度を重ねすぎると余計に毛が濃く見えてしまうということなのですね。

 

折角産毛が薄くなり産毛を処理する回数が減っても、肌自体が黒ずんでしまったら、もったいないですよね。
産毛処理も抑毛クリームも意味がなくなってしまいますね。だから、なるべく間があくように、自分でも工夫してみましょう。

 

ファンデーション、コンシーラーなど多くの隠す技が日本にはありますよ!

 

⇒顔の産毛専用クリームがあるって知ってましたか?