顔の産毛への対処と男性のムダ毛【ムダ毛なんて嫌!】

顔の産毛への対処と男性のムダ毛

女性にとって顔の産毛などのムダ毛は問題ですが、今では男性にとっても正しい処理をしたい大量となっています。

 

どちらかというと太くて濃い毛が生えるのが、男性の顔に生えるムダ毛ですが、産毛も生えていますし、毎朝のシェービングで肌にも相当のダメージが加わります。男女ともに最も確実なムダ毛の悩み解消方法は、顔脱毛をすることです。

 

メンズエステや女性専用のエステサロン、医療クリニックなど、処理をするための施設は数多くあります。サロンでの処理の良い部分は、肌を美しくプロたちが勢ぞろいをしているので、ムダ毛を減らす処理をしながら、肌の調子まで高めることができる点です。

 

費用的にもサロンは光を使うマシンですから、お財布にも大きいダメージにはなりません。クリニックを利用する良いところは、病院という安心感や、お医者さんや看護師により施術なので、信頼も高いことです。

 

さらにはクリニックの場合は、パワーの強いレーザーのマシンを使用ができるので、結果も早く手にすることができます。エステやクリニックへ通うには、時間がなかなか取れないという人には、抑毛クリームを使い、ホームケアで対処をする方法もあります。

 

植物由来の安心のクリームならば、肌負担も少なく、予約などもなく、自分のペースでケアをして、顔の産毛処理ができます。

 

 

顔の産毛処理男編

顔の産毛処理、男性の場合はどうしているのでしょうか?男性の場合は髭だから、産毛とはいわないのでしょうか?
それでも、ひげとは別に、頬に産毛が生えている男性もいますよね?

 

あれも、男性のあごひげを剃るような電気シェーバーかカミソリで、一緒に顔の産毛処理をしているのでしょうか?
それなら、いくら女性より肌が強い男性でも、お肌表面のバリア機能はあっという間になくなってしまいそうです。

 

男性は顔の産毛処理をどうしているのでしょうか?最近の若い男性にはひげはあまり見当らなくなりましたよね。
あの若い社会人男性は脱毛をしている?メス化している?それとも遺伝なのでようか?とにかく髭があまり目立ちません。

 

実態は不明ですが、理想的なシェービングはこちら!というのがありました。

 

男性は朝出かける前に剃るのがベストだそうです。 濃い髭や、顔の産毛がどんなに気になったとしても顔そりは1日1回の頻度が限界だそうです。
剃る時間帯は、人前に出る時の身だしなみとして、やはり「朝出かける前」がオススメです。

 

夕方、たとえうっすら新しい髭や産毛が伸びてきたとしても、それを剃るのはぐっと翌朝まで我慢しましょう。
男性でも肌のことを考える人が増えてきています。スキンケアコスメでもHOMMEという男性用が結構でてきていますよね。

 

もし、ひげが薄い、ほとんど生えてこないという男性であれば、「髭や産毛が伸びてきたら」剃るようにしましょう。
剛毛の人や髭が濃い人と同じ頻度で顔そりする必要はありません。

 

顔そりは肌に優しい習慣・頻度を改めて、ただでさえデリケートな皮膚をいたわってあげてくださいね。

 

次のポイントは、毛の流れにそって剃ることだそうです。顔そりの前には肌を清潔にし、シェービング剤を塗布することが大切です。
そして顔そりの最初は、毛の流れにそって剃りましょう。こうすることで、肌への負担を軽くすることができますよ。

 

ひと通り剃った後に剃り残しがあれば、その部分だけ逆そりを行うようにしてくださいね。

 

いずれにせよ、顔の産毛もひげも、剃る頻度はできるだけ抑えるというのが男女ともに共通でしたね。いくら男性でも、今は顔の産毛どころか、ひげもあまり生えていない人もいます。

 

そういう男性ならなおさら、男性用のシェーバーではなく、女性用の顔専用電気シェーバーで大丈夫なのではないかとちょっと思ってしまいます。

 

実際のところ、あご髭を抜いて、デザインしているというのを聞いたことがありますが、今は髭のある男性は嫌われる傾向にありますので、痛い思いまでして。
とちょっと同情しました。

 

⇒顔の産毛専用クリームがあるって知ってましたか?

 

 

鼻の下の毛を処理して青い跡が

鼻の下の毛を処理して青い跡が残ってしまうような女性は、肌の色が白くて透き通っているために、鼻の下の毛根が透き通って青い跡に見えてしまうのです。
もう1つは、あまりにも鼻の下の毛が濃いために、剃り跡がちゃんと青い跡となって見えてしまう場合です。

 

鼻の下の毛の処理跡が青いのを、メイクやコンシーラーで隠して普通になればいいですが、それでもまだ青い。
夕方になると鼻の下の毛が少し伸びてきて青いなどという女性は、ひげに近いものがあると思うので、医療脱毛かエステサロンへ行きましょう。
短期的に少しお金を払ってでも完全に永久脱毛をしたいという女性は医療脱毛がおススメです。

 

医療脱毛は医師免許を持った人が開業している病院ですので、照射するレーザー出力も、エステサロンより高いですので、効果が出やすいです。
しかも、青い跡が残るほどしっかりした毛根であれば、なおさらレーザーは黒に反応しますので、あっさりと数回で終わる可能性もあります。

 

万が一、赤くなったり、数日かゆみがでたりなどがあれば、軟膏ももらえますし、飲み薬だって処方してもらえます。
病院なので、皮膚科と同じだと思って通っていいと思います。

 

ただ、他のリラクゼーションやマッサージ、毛穴引き締めなどの、美顔メニューがエステと同じぐらい揃っているかといえば疑問です。
有名なTBCや湘南美容外科、品川美容外科など、美容とついているところは、そういったメニューもたくさんあるかもしれませんね。
それから、エステサロンのように、他のメニューへの勧誘があまりないというところもメリットだそうですよ。

 

一方で、エステサロンは、医療脱毛とは少し違い、病院ではないために、光照射はレーザーより出力の値が制限されています。
毛の生え変わる周期にあわせて数年通って顔全体の脱毛が終わるぐらいに考えておいてください。

 

ただ、脱毛の光照射に、毛穴を引き締めるフォトフェイシャルなども一緒にできるのと、マッサージが無料でついてきたり、料金も低価格化が進んでいます。
店舗も医療機関よりは多いと思いますので、予約もとりやすい、女性ばかりのエステサロンですから安心してまかせられますよね。

 

両方とも痛いのはかわりないそうです。ただ、医療脱毛の方は麻酔を、エステサロンの方は冷却で痛みを一時的に和らげる方法など、色々とついているみたいです。
サロンによって、冷却方法や、痛みをなるべく感じない方法などが研究されているのですね。

 

とにかく鼻の下の毛穴の黒ずみは女性としては美しくありません。いろんな方法がありますので、是非参考にしてみてくださいね。

 

⇒顔の産毛専用クリームがあるって知ってましたか?

 

 

鼻の下の毛は男性ならひげ

鼻の下の毛は男性ならひげといいますが、女性でももう鼻の下の毛なんて言っていられないぐらい「男性化」して、ひげになってしまっている女性もいるそうです。

 

鼻の下の毛は顔の中心にあり目立ちやすい上に、女性なら仕事で人と会う時に生えていたらいけない毛ですよね。もし相手が男性ならぎょっとしてしまいます。
では、鼻の下の毛は女性ならどうしたらいいのでしょうか?もしメイクで隠せないぐらいなら、剃るか抜くかですが、抜くのは絶対にやめましょう。
ローラー脱毛、テープ脱毛、パック脱毛はすべて毛抜きと同じです。

 

毛を無理に引っ張ってぬいていると、肌がたるんできます。つまり、老け顔になってしまいます。
他にもシミなったり、埋没毛になったりと、弊害はたくさんありますので、毛抜きだけはやめておきましょう。

 

試行錯誤で「このままでいいのかな?」なんて思いながら毛抜きで抜いてみたり、顔に体用の除毛クリームを使ってみたり、色々していませんか?
あまり正しい知識をもたないままに、色々処理として触ってしまうと、顔の産毛なだけに、後日後悔することになりかねません。

 

というのは個人差があるため、自分で決めるか無料カウンセリングに行くしかないのですが、とりあえず方法としていくつかあげておきます。

 

まず顔の産毛を剃ることです。剃ること自体はあまり問題ないのですが、お肌のバリア機能を産毛と一緒に持っていかないように気をつけてください。
そのためには、顔専用の電気シェーバーを使って、清潔な肌で剃ることです。お風呂あがりが一番良いタイミングだそうです。

 

そして抑毛効果のあるスキンケアクリームを使うことです。これで、電気シェーバーを使う頻度は下がっても、増えることはありませんのでご安心ください。
次に専門家に任せるという方法です。一番はやはり皮膚科の先生がいる医療脱毛でしょう。

 

レーザー照射力も強く、麻酔もしてくれ、薬もくれて、万が一にもちゃんと対応してくれそうです。

 

しかも、レーザーが強いために、うすい産毛や難しい鼻の下なども腕のよい人がレーザー照射してくれれば、通う回数が減ります。さらに、エステサロンの脱毛です。
こちらはあまりつよくない光照射となりますので、通う回数が多くなるのですが、ついでにマッサージや、リラクゼーションなど、他のエステメニューもできることです。

 

どちらも良い・悪いとあります。永久脱毛をと決めたら、両方無料カウンセリングに行って、どちらが自分の肌質や、毛の量などに合うのかを確認した方がいいです。
あとは、費用もパッケージになっているなら安心ですよね。

 

 

【PR】女性のヒゲ対策ノイスを解約したい場合の方法